通販で売られている袋帯の特徴を解説

一般的に袋帯と呼ばれているのは、正装や礼装といった格式の高いフォーマルな場面でも使える帯です。正式で格が高い用途のものだと、生地に金や銀の糸が織り込まれたとても煌びやかで美しい帯が主流です。使われる場面で身近なものでは結婚式や葬式で身にまとう留袖を締めるためのものや、成人式で着る振袖を締めるための帯がそれに該当します。格式ばった場所にしか使えないかといえばそうでもなく、生地や柄がカジュアルなものであれば、普段着やおしゃれ着用の着物にも使うことが出来る用途の広い種類の帯が袋帯です。用途の違いからも値段の上下差が特に激しいのがこの帯の特徴ですが、高価な買い物をするのであれば、折角ならばお得な買い物をしておきたいです。正規の値段の見分けが難しい分野の商品なので、なるべくなら良心的な通販のサイトを見つけて購入した方が確実です。

袋帯を通販で販売しているサイトの見分け方

袋帯は帯の中でも高価な場合が多いので、直接店に行かない通販で購入する場合には店選びは慎重に行った方が失敗しません。通販で購入する際には店員や他の客の目を気にせず、売り込みに煩わされずに買い物が出来る事が大きなメリットです。その反面、一人で買い物をするという事は自分だけで決断して買わなければならない側面もあります。起こり得るトラブルを想定し、それに対応できるサービスを行っているサイト選びが重要となります。最も必要なのが、返品できるかどうかの確認です。イメージと実物のギャップが通販の買い物失敗のありがちな原因ですが、十分にすり合わせてもそれが起こってしまった場合にも、返品が出来れば買い物をやり直せます。返品が可能な場合にも、条件があるサイトもありますのでトップページの諸注意の項目をよく読んで頭に入れておく事が必須です。

袋帯を通販で購入する際の注意するポイント

袋帯を通販で購入する際の注意すべきポイントを何点か述べます。商品が届いた際には、梱包を開封する周りの状況を整えてから包みを開けて下さい。クーリングオフ制度を利用する場合には、購入者の不手際による商品の損傷が無い事が第一条件です。例えば飲み物や食べ物が近くにある状態で開封すると、何等かのトラブルが発生して届いた着物を傷つける恐れがあります。例え通販側からの不手際で商品に元から損なわれた状態であっても、購入者も商品を傷つけた事になれば全額返金されないケースも起こりえますので、十分に注意して下さい。商品確認のタイミングですが、出来れば当日か翌日には確認しておくべきです。日数がたってしまった後のクレームでは、日数経過による不具合が原因とされてしまうケースもあります。この場合も、返金が可能であっても全額返ってくるか保証されない危険もあります。